新庄ビッグボスが就任して注目されている日本ハム。20日、キャンプのメンバー振り分けが発表され、顔ぶれが明らかになった。

 1軍には伊藤 大海投手(駒大苫小牧出身)や吉田 輝星投手(金足農出身)といった投手陣。野手陣は野村 佑希内野手(花咲徳栄出身)と近藤 健介外野手(横浜高出身)といったメンバーになった。

 注目の清宮 幸太郎内野手(早稲田実業出身)は2軍スタートになったが、4番候補と注目されている五十幡 亮汰外野手(佐野日大出身)は1軍でスタートを切る。

 4番打者に対して走力のある選手を求めていること。さらに秋季キャンプでも五十幡に直接話すなど、新庄ビッグボスから期待をされていることで一気に注目度が高まっている五十幡。1年目から1軍の試合に出場したものの、ケガの影響でシーズン途中で戦線離脱。シーズンをフルで戦い抜くことはできなかったが、27試合で9盗塁と自慢の神足でファンを沸かせ、注目も集まっていた。

 チーム事情で見れば、長く日本ハムで活躍していた西川 遥輝外野手(智辯和歌山出身)が楽天へ移籍した。俊足外野手だった西川が他球団に行ったことで、五十幡の需要はより高まったといっていいだろう。

 新庄ビッグボスだけではなく、ファンも注目する神足・五十幡のプロ2年目の活躍も注目だ。

 そんな五十幡の俊足ぶりが伝わる動画は、高校野球ドットコムの公式YouTubeチャンネルで配信している。

(動画を見る)