19年、21年の日本選手権優勝の大阪ガスの新主将が2年目の公家 響横浜出身)に決まった。 

 公家は横浜高時代、高校通算29本塁打を放つスラッガーとして注目され、3年夏に甲子園出場。チームメイトには藤平 尚真(楽天)、石川 達也(DeNA)がおり、主将として、個性派揃いの選手たちをまとめていた。

 明治大でも主将を務め、通算30試合に出場し、64打数17安打、10打点、打率.266だった。大阪ガスの1年目では日本選手権に5試合出場し、優勝を経験した。

 そして2年目から主将。公家は小学校〜社会人で主将を務めることになる。まさにザ・キャプテン。どんな活躍を見せるのか注目をしていきたい。