センバツ出場が有力な明秀日立(茨城)といえば強打が有名だ。その強打を作り上げるには、徹底したフィジカル強化がカギを握る。

 取材日はウエイトトレーニングが行われていた。この時期はベースアップ期間として、ベンチプレス、デッドリフト、スクワットが中心に行われ、選手たちは次々と叫びながら、器具を持ち上げる。

 これだけでなく、様々な種目を行いながら多くの部位の筋肉を鍛えるトレーニングをしていた。

 明秀日立の指導者によると、レギュラーになるほど意識が高く、筋力的な数値を大きく伸ばし、パフォーマンスアップにつなげた選手が多いと語る。

 高校野球ドットコムの動画チャンネルでは明秀日立のハードなトレーニングの様子に迫っている。

(動画を見る)