2021年の秋季東京都大会では國學院久我山が優勝し、センバツへの出場が確実視されている。國學院久我山を筆頭に、この大会では強豪私学が力を発揮したが、都立勢の躍進も見逃せない。

 東京都の21世紀枠推薦校に選ばれた都立狛江のほか、都立小山台都立日野など力のあるチームが今年も揃っているが、今回はその他の都立校で見つけた逸材たちを紹介する。

都立雪谷
御園 拓摩(1年)
中学時代は大田水門ボーイズでプレー。現在は1年生ながら、投打でチームを支えている。この夏はもちろん、都立校のなかでも、実力ある選手として注目される。

長谷川 大和(2年)
投打でチームを引っ張る主力選手。遠投80メートルの地肩を活かした投球や、鋭いスイングで快音を響かせる。

渡邊 顕人(2年)
遠投100メートルを誇る強肩を活かして、最速143キロを計測する速球派。183センチ、75キロながら、まだまだ体は発展途上で、夏までにフィジカルが強化されると、一躍注目右腕となる可能性を秘める。

石原 悠聖(2年)
捕手としてもチームをけん引する大黒柱。175センチ、72キロとがっちりとした体格で、力強いスイングが光る。

都立文京
板倉 勇一(2年)
高校通算2本塁打をマークしているパンチ力が持ち味。守備でも遠投90メートルの肩の強さがある遊撃手でもある。強打の内野手としてチームを引っ張ることが期待される。

斉藤 陸(2年)
守備が持ち味の選手で、広島・菊池涼介内野手(武蔵工大二出身)のようなプレースタイルを目指す。打者としてはつなぎ役で、相手にとって嫌らしい粘り強さを持つことを意識している。

尾上 空(1年)
1番打者ながら豪快な打撃で打線に勢いを与える。ムードメーカーとしても、チームを明るくする存在で、都立文京にとっては欠かせない。

植田 英備(2年)
ここまで通算9本塁打をマーク。178センチ、70キロと特別、体が大きいわけではないが、球を押し込む力が優れており、チームの主砲として春以降も打線をけん引する。

都立豊多摩
藤曲 眞平(2年)
189センチ、80キロと恵まれた体格を持っており、広角にも打ち分ける技術がある。打撃に豪快さが出てくると、より面白い内野手となる。

浦本 琉司(2年)
167センチ、60キロと小柄ではあるが、全身を生かしたパワフルなスイングが光る。

川上 昊介(1年)
元ソフトバンク監督・工藤公康氏を参考にフォームを固めたという期待の左腕。現在は122キロと数字はまだまだだが、今後の成長が楽しみ。