甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2017年に2年連続3度目の夏の甲子園出場を果たした前橋育英(群馬)ナインの主な選手たちのその後を紹介する。(学年は当時)

投手 皆川 喬涼(3年)=中央大〜東京ガス
投手 根岸 崇裕(3年)=立教大
捕手 戸部 魁人(3年)=明治大
内野手 堀口 優河(3年)=桜美林大
内野手 飯島 大夢(3年)=日本体育大中退〜群馬ダイヤモンドペガサス
内野手 深川 理来(3年)=中央学院大
内野手 小池 悠平(2年)=明治大
内野手 黒澤 駿太(3年)=日本大
外野手 丸山 和郁(3年)=明治大〜ヤクルト2021年2位
外野手 吉澤 悠(3年)=SUBARU
外野手 飯塚 剛己(3年)=国士舘大準硬式

 2年夏から計3度甲子園出場を果たした1番打者で投手兼中堅手の丸山は、U-18日本代表にも選出された。明治大では打者に専念し2年春からリーグ戦出場を果たす。主将となった4年時には2季連続でベストナインに輝いた。昨年のドラフトではヤクルトに2位指名を受け、明治大は12年連続ドラフト指名選手輩出を達成させた。

 右のエース・皆川は2回戦の明徳義塾(高知)戦で大会最速の149キロ(自己最速タイ)をマーク。中央大に進学すると1年春からリーグ戦出場を果たす。4年春の亜細亜大戦では初完封を記録するなど、5勝をマーク。通算42試合に登板し8勝を挙げた。大学卒業後は強豪の東京ガスでプレーする。

 当時2年生で「7番・一塁手」の小池は初戦の山梨学院(山梨)戦、3回戦の花咲徳栄(埼玉)戦で本塁打をマーク。最高学年時には正捕手となり3年夏も甲子園出場を果たした。明治大に進学後は1年秋にリーグ戦初出場を果たすと、ここまで3試合に出場。今年で大学ラストイヤーを迎える。

(記事:編集部)