3月18日(金)から開催される第94回選抜高校野球大会の第2回運営委員会(委員長:寶馨日本高等学校野球連盟会長)が14日にオンラインで開かれ、抽選会日程の変更、入場行進曲などが承認された。

 抽選会は当初開幕1週前の3月11日(金)に開かれる予定だったが、出場校のPCR検査などに対応する時間的余裕を確保することと、1回戦へのスケジュールを立てやすくすることを目的として、1週早めて3月4日(金)午後3時から各校主将がオンラインで参加する形式に変更された。昨年の第93回大会も同様の形式で、2月下旬に実施された例がある。この時は地区を分けないフリー抽選方式で同地区対戦もあったが、今年どういう形で実施するかは2月の臨時運営委員会で審議される。

 大会前恒例の甲子園練習、ドリームシートの運用、公募始球式などは昨年に引き続き実施されない。

 開会式の実施方法は2月の臨時運営委員会、式次第などの詳細は3月上旬の第3回運営委員会で審議され決まる。

 出場校を決める選考委員会は1月28日(金)に予定されているが、今年もオンライン形式での実施。出場候補となる47都道府県高校野球連盟推薦の133校と21世紀枠候補9校が今日の運営委員会で承認された。今大会から21世紀枠特別選考委員に、元NHKアナウンサーで実況家の小野塚康之氏(64)が加わることになった。

 入場行進曲はYOASOBIの「群青」(作詞・作曲:Ayase)に決まった。同曲には将来に不安を抱えながらも前進しようとする人の背中を押したいとおう想いが込められていて、Billboard JAPANチャートのストリーミングの累計再生回数が2021年に3億回を突破。高校生をはじめ多くの方に親しまれていることから、行進曲に選定された。

主催者発表のコメント
Ayaseさん(作詞・作曲)
「素直に嬉しいです。中学生の時に少し野球をやっていて、センバツも見ていました。憧れの舞台だったので、選手が入場する際に自分の楽曲が流れて、時には背中を押す場面があるかもしれないと思うとわくわくします」

ikuraさん(ボーカル)
「戦いが始まるという時に少しでも選手の皆さんや観客のみなさんを盛り上げられるような、背中を押せるような曲になったら嬉しいです」