近畿学生野球連盟に所属する大阪工業大の新入生が発表された。

 小沢 耕介投手(日本航空)は昨夏の甲子園に出場。山梨大会では抑えのエースとして、140キロ前後の速球と、切れのあるスライダーを中心に投げ込んでいた。この世代では中心投手として期待されそうだ。

 辻 亮輔投手(三重)は甲子園を経験した技巧派左腕。大江 遼也投手(興國)は昨夏、大阪大会決勝戦まで導いた左腕で、130キロ前後ながら切れがあり、得意のスライダーで打たせて取る投球が持ち味だ。橋詰 大心投手(東海大仰星)は技巧派の右投手で、昨秋の近畿大会も経験した。

 野手では久井 峻也内野手(東海大甲府)の加入が大きい。本塁打も打てて、勝負強く、甲子園も経験している。このチームでは期待の強打者になるのではないだろうか。

 センバツ初戦の県立岐阜商戦ではサヨナラ打を放った亀井 新生内野手 (市立和歌山)や堅守の遊撃手、池上 俊輝内野手(上宮)、さらに左の強打者・入谷 楓外野手(東海大仰星)など、関西・中国方面の実力派も多数入学。これら新入生の活躍に注目される。

(文・河嶋 宗一