東都1部の亜細亜大の新入生を紹介していきたい。注目なのは投手陣のレベルの高さだ。

東海大菅生(東京)・本田 峻也投手
中学時代にU-15代表を経験。当時から独特の投球フォームで投げ込んでいた。東海大菅生の3年間ではストレート、変化球の精度も大きく向上。最速143キロのストレート、130キロ近いカットボールで翻弄する、西東京を代表する左腕へ成長した。

享栄(愛知)・肥田 優心投手
150キロを超える速球には威力があり、打者をねじ伏せる投球が持ち味だ。西武の平良海馬投手(八重山商工出身)に憧れており、並外れた直球で押し切る投手へ成長できるか注目だ。

興南(沖縄)・山城 京平投手
ややトルネード気味のフォームから投げ込む140キロ中盤の速球が持ち味。昨春の九州大会でも活躍を見せており、順調に成長できるか注目だ。

武庫荘総合(兵庫)・斉藤 汰直投手
最速149キロの速球を力で押していく速球投手で、その将来性を高く評価する声も多い。

都立福生(東京)・伊藤 寛人投手
全国的には無名だが、長身から威力のある直球を投げ込みプロのスカウトから注目された逸材だ。

 いずれも好素材ばかりで、順調に成長すれば、投手王国になる予感がある。

 その他、藤原 光陽捕手は聖心ウルスラ(宮崎)の主将としてチームを引っ張り、スローイングタイム1.8秒台の強肩が光る。

 土浦日大(茨城)の芹澤 優仁内野手は突出したスピードを武器に、打球をさばくことが上手い遊撃手で、守備力の高さは天下一品。樟南(鹿児島)の下池 翔夢内野手は昨夏の甲子園にも出場した巧打の三塁手だ。

 享栄(愛知)の真鍋 勇翔内野手は昨春の愛知大会で打率.400、東海大会でも打率.625と高打率を残したように、高い打撃技術が持ち味。大学でもその打撃を発揮できるか注目だ。

(文・河嶋 宗一