徳島インディゴソックス(独立リーグ・四国アイランドリーグPlus)は10日、最速150キロ右腕・吉村 優投手(早稲田実業出身)が特別合格となったことを発表した。

 早稲田実業時代、2年生夏に甲子園ベスト4進出を果たすと、3年生夏ではエースナンバーを背負ってプレー。西東京大会ベスト8に終わったが、名門校のエースとして活躍。当時はコントロールが良い技巧派だった。

 ただ早稲田大へ進学すると、野球から一度離れ、アメリカンフットボールの界へ進む。3年生の時に全国大会決勝戦の舞台でプレーするなど、アメフトの世界でも第一線で活躍すると、大学卒業後はクラブチーム・REVENGE99に入団し、ストレートの球速は150キロに到達。高校時代から大きくモデルチェンジした姿となってNPBに挑戦しようとしている。

 人生でも初めてともいえる野球漬けの生活に「楽しみです」と話しつつ、「NPB選手になるという目標に近いチームへ入団出来ることへのワクワクした気持ちもあります」と語る。

 徳島インディゴソックスは、育成ではあるものの2021年のドラフトでも指名を受け、現在9年連続でNPBへ選手を輩出しているチームとしても有名だ。
 吉村投手も「強いだけではなく、NPB選手も多く出されている」とチームの印象を話しており、強さと育成が両立していると感じているようだ。

 マルチスポーツの先駆者として、目指すNPBの世界へ。150キロ右腕の新たな挑戦に注目だ。