東京六大学通算10本塁打を放ち、大学生トップクラスのスラッガー、早稲田大の蛭間 拓哉外野手(浦和学院出身)。長打力を高く評価し、ドラ1を狙える野手として注目されている。

 高校時代から大きくパワーアップをしていた。高校時代は174センチ81キロと高校生としてはがっしりしていたが、現在は176センチ87キロと大きくパワーアップをしていた。

 2年春までは目立った活躍ができず悔しい思いをした蛭間はスイング時間を短くすること、最短距離で振り抜くこと、下半身と上半身の動きを連動させる打撃フォームで打撃を開花させた。豪快な打球は高校野球ドットコムの動画チャンネルでチェックができる。

(動画を見る)