ヤクルトからドラフト4位指名を受けた小森 航大郎内野手(宇部工出身)が6日、埼玉県の選手寮に入寮した。

 ヤクルトというと、主力となった山田 哲人内野手(履正社出身)や村上 宗隆内野手(九州学院出身)といった高卒野手が育っている。

 直近であれば2019年に長岡 秀樹内野手(八千代松陰出身)、武岡 龍世内野手(八戸学院光星出身)が指名されて入団し、1軍入りへ切磋琢磨している。小森は先輩たちに負けない活躍を見せ、いち早く神宮を沸かせるプレーを見せることが出来るか。

 まずは新人合同自主トレでの小森のプレーに注目だ。

(動画を見る)