正月三が日が終わり、多くの企業が既に仕事始めとなっているところが多いだろう。アマチュア野球界最高峰の社会人野球は、2022年から例年のスケジュールに戻る予定だが、どんな選手が活躍するか楽しみだ。

 社会人野球で奮闘する1998年生まれの年男、また同世代となる1999年の早生まれの投手たちを、今回は見ていきたい。
 都市対抗でベスト4進出を果たしたセガサミー(東京都)で、エース格として奮闘した草海 光貴投手(上田西出身)は年男のシーズンとなっている。東京ドームで見せた力投を、2022年も見せるか注目が集まる。

 2020年の都市対抗で優勝したHondaに所属する有村 大誠投手も、今年は年男を迎える。
 中学時代は控え選手だったものの、秀岳館時代に140キロ台までストレートがレベルアップ。立命館大でも151キロを投げ込む本格派右腕へ成長し、Hondaの主力投手として都市対抗でも活躍している。2022年シーズンも変わらぬ活躍を見せるか。

 他には日大三出身で、現在はJR東日本でプレーする小谷野 楽夕投手。東海大相模出身であるエイジェック・北村 朋也投手もいる。

 独立リーグにも目を向けると、徳島インディゴソックス・中山 晶量投手。さらには、信濃グランセローズ・板垣 理音投手などもいる。

 今回紹介した投手以外にも、実力十分の「年男選手」がいる社会人野球。2022年は彼らを筆頭に盛り上がることを期待したい。