投手編はこちらから!
明治大合格者投手5人が全員ドラフト候補!4年後はNPB上位を狙える存在になるか?

 注目度が高い明治大合格者。投手に続き、野手の合格者を紹介したい。

 センバツ決勝でサヨナラ安打を放った東海大相模小島 大河捕手は1.9秒台の強肩とバットコントロールの高さが光る巧打者でもあり、非常に楽しみである。

 浦和学院吉田 匠吾内野手は打者としてバットコントロールの高さが光る選手で、そして守備もセカンド、ショートを守り、軽快に打球をさばく守備力の高さを秘め、投手としても140キロを超える強肩。攻守ともにバランスが取れた逸材だ。

 また、三輪 拓未遊撃手も、広角に打ち分ける打力があり、さらに守備範囲の広さが光る守備があり、バランスが取れたショートストップだ。

 桐蔭学園木本 圭一内野手はU-15代表を経験した大型二塁手。力強い打球を打てて、守備力も高い選手。夏は初戦敗退を喫したが、総合力の高さは県内トップクラスの逸材だ。

 横浜宮田 知弥内野手は、投手も務める強肩もあり、下半身主導の打撃フォームで長打を量産し、球際が強い三塁守備が魅力的な選手。

 外野手は精鋭揃いとなっている。まず天理瀬 千皓選手は1年秋、近畿大会決勝戦から3試合連続弾を放ち、センバツでも大爆発を見せた強打の外野手だ。

 東海大菅生千田 光一郎選手は、本塁打も打てて、さらに俊足、投手としても140キロを超える強肩を兼ね備え、非常にバランスが取れた外野手。端正な顔立ちも魅力で、しっかりと成績を残していけば、人気選手になるかもしれない。

 加藤学園植田 颯斗選手は高校通算27本塁打を記録しているスラッガーで、非常に力強い打球を飛ばす。2年夏は交流試合で4番レフトでスタメン出場している。

 松商学園今井 英寿投手は最速145キロをマークし、威力抜群の直球が魅力だが、パワフルな強打を活かし、外野手として合格となった。

 なんと野手合格9人中、8人が甲子園経験者(交流試合含む)となった。いずれも大学卒業後も野球継続なポテンシャルは秘めている。4年間でどんな成長を見せるか楽しみだ。