来年のドラフト候補として期待される早稲田大の中川 卓也内野手と蛭間 拓哉外野手。

 中川は大阪桐蔭時代に4度の甲子園出場、3度の甲子園優勝を経験。蛭間は浦和学院、3年夏に甲子園出場した。2人は18年夏の甲子園準々決勝で対決しているが、その前にも練習試合をしているが、実は両校の18年の戦いぶりを振り返る上では欠かせないエピソードが満載だった。

 高校野球ドットコムの動画チャンネルでは、中川、蛭間が大阪桐蔭vs浦和学院の練習試合、甲子園での熱戦の裏側について語ってもらっている。

(動画を見る)