東都二部の拓殖大の新入生が発表された。

 まず投手では左サイドの内山将(九州国際大付)は夏でも活躍した左腕、速球投手の村田 栄太郎(成立学園)、右の技巧派・齋藤 怜(佐野日大)が主な合格者となった。

 経験豊富な巧打の捕手・雨宮 快成加藤学園)が合格。内野手には、右の強打者・河野 力(呉港)、20年の交流戦、春夏の甲子園に出場した左の巧打者・大可 尭明広島新庄)、関東大会でも本塁打を記録した大型一塁手・柴田 将太朗(常総学院)の合格が決まった。

 俊足の2番打者として活躍した五十嵐 奨斗関東一)、甲子園出場を決めるサヨナラ打を放った巧打者・大塚 健太日大東北)、澤口 滉花咲徳栄)も強打の花咲徳栄のレギュラー打者として、鋭いライナー性の打球を連発する左の中距離打者だ。

 この中から多くの選手が活躍することを期待したい。