2022年の新入生を発表した青山学院大。全国各地から逸材が集まり、これからもますます楽しみなチームであることは間違いない。そのなかの1人なのが藤原 夏暉大阪桐蔭出身)内野手だ。

 大阪桐蔭時代は守備に定評があった藤原。ショートでは軽快な守備を見せて、大阪桐蔭の内野陣を引っ張った。一方の打撃では数少ないスイッチヒッターとして活躍。最後の試合となった近江戦では2番に座るなど、強力・大阪桐蔭打線のつなぎ役としてプレーした。

 ただホームランも打つだけのパンチ力も兼ね備えており、攻守にわたって高い能力を持っているのは間違いない。

 主将、そして内野の要として活躍し、藤原にとって大阪桐蔭の先輩で現役時代は同じくショートのレギュラーだった泉口 友汰内野手は、秋季リーグを持って大学野球を引退した。同じ大阪桐蔭出身のショートである藤原が、先輩の後を受け継ぎ、青山学院大の内野の要となるか。春からの活躍を楽しみにしたい。