来年春のセンバツ出場をかけ、各地区で行われた秋季大会は終了したが、例年注目される21世紀枠については、絞り込み作業は始まっている。すでに、北海道をのぞく各都道府県の推薦校が発表され、12月10日に北海道を含め各地区1校ずつの推薦校9校が決定。そのなかから、来年1月28日に開かれる選考委員会で最終的に出場3校が決まる。

 選考の基準としては、秋季都道府県大会のベスト16以上(加盟校129校以上の都道府県についてはベスト32以上)の成績を収めている高校が対象で、ハンディの克服、学業との両立、地域への貢献などが加味されて決まっていく。各地区の推薦校はどのチームになる可能性が高いのか。今秋の戦績や近年の成績などを振り返ってみる。

 北信越地区の前年推薦校は富山北部・水橋の連合チーム。少子化にともなう高校再編による連合チームながら秋季大会でベスト4に進み、北信越大会に出場(初戦敗退)していた。

 今年、日本高野連から発表された北信越地区の各県の推薦校は以下の通り(▲は私立)。

長野 松本深志(ベスト8)
新潟 東京学館新潟▲(ベスト4)
富山 砺波(ベスト8)
石川 小松(ベスト8)
福井 丹生(ベスト4)

 丹生は強豪私立が強い福井県で、地元越前町の選手が多く、部員が少ないながら、県ベスト4の成績を収めた。部員は2年生が12人、1年生が15人。今秋の県大会は圧勝あり、接戦ありで勝ち上がった。準決勝では大敗したが、3位決定戦では北信越大会で優勝した敦賀気比を相手に終盤まで互角の戦いを演じた。28年ぶりの北信越大会出場はならなかったが、実力は十分だ。19年夏は準優勝し、「越前のドクターK」と呼ばれ、大会新記録の52三振を奪った当時のエース玉村 昇悟投手が広島に入団した。

 松本深志は東京大にも合格者を出す県内屈指の進学校ながら県で8強。準々決勝では延長戦の末に敗れる惜敗だった。野球部では、学業と武道は別ではなく、一体であり相乗効果があるという意味の「文武不岐(ぶんぶふき)」を目指しているが、これを見事に実践している点は評価が高い。

 部員13人の進学校・砺波は大敗などもあり、秋の戦いの内容が問われる。小松も甲子園に2度出場している点が評価の分かれるところだ。

 2チームの今年の秋季大会の戦績と近年の成績は以下の通り。

丹生
★今秋季大会戦績
1回戦:18-7 高志(7回コールド)
2回戦:5-3 鯖江
準々決勝:2-1 金津
準決勝:0-14 福井工大福井(6回コールド)
3位決定戦:3-8 敦賀気比
★近年の最終成績
21年夏 2回戦敗退
21年春 初戦敗退
20年秋 初戦敗退
20年夏 初戦敗退※独自大会
19年秋 初戦敗退
19年夏 準優勝

松本深志
★今秋季大会戦績
<中信地区予選>
1回戦:6-4 松本第一
2回戦:不戦勝 松本美須々ケ丘
代表決定戦:1-3 松本国際
<長野県大会>
1回戦:7-0 諏訪二葉
2回戦:8-6 長野
準々決勝:4-7 東海大諏訪
★近年の最終成績
21年夏 3回戦敗退
21年春 県大会初戦敗退
20年秋 地区予選3回戦敗退
20年夏 4回戦敗退
19年秋 県大会初戦敗退
19年夏 4回戦敗退