投手育成能力が高いチームとして評判の日本体育大だが、近年は野手の補強も素晴らしく、能力が高い選手が多く所属している。今年は投手だけではなく、野手もレベルが高いと評判だ。

<捕手>
 岩田 優真捕手(立花学園)は投げては140キロを超える速球を武器にする強肩捕手。
 安田 和輝捕手(日大三)も2年秋に本塁打を記録しており、打順は下位ながら侮れない長打力を持っている。
 木村 航大捕手(仙台育英)は、リードセンスの高さを評価され、1年夏から甲子園を経験している。コッシーオ アダムカツ捕手(日体大柏)はキューバ人の父を持つハーフで、長打力、スローイング能力ともに高く、インサイドワークも光る。日本体育大首脳陣も高く評価する野球脳の良さをさらに活かすことができるか。
 田邊 広大捕手(常総学院)はキャプテンシーの高さを評価されている。センバツが終わってから打撃面でも、本塁打も打てるように成長。1.9秒台のスローイングも光る。

<内野手>
 延末 勧太内野手(横浜)はこれまで捕手として活躍していたが、日本体育大では内野手として合格。打撃技術の高さは一級品だ。島貫 丞内野手(仙台育英)も、今年のセンバツで選手宣誓を務めた左の好打者。黒川 怜遠内野手(星稜)は智辯和歌山で活躍した楽天・黒川 史陽内野手の弟(三男)で、バットコントロールの良さは天下一品。勝負強く、能力も高い。竹村 日向内野手(智辯学園)は強打者揃いの智辯学園(奈良)打線において小技を仕掛けられる貴重な二塁手だった。二季連続の甲子園を経験した宇佐美 佑典内野手(県立岐阜商)も日本体育大へ。橋本 唯塔内野手(東海大菅生)も2年夏はショートとして独自大会優勝を経験するなど堅実な守備でチームをもり立てる。

<外野手>
 野中 駿哉外野手(健大高崎)は、恵まれた体格から鋭い打球を連発し、本塁打を量産。投手としても130キロ中盤の速球を投げ込む。大学では自慢の長打力を伸ばすことになりそうだ。岩田 一真外野手(東海大菅生)は、もともと遊撃手だったが、外野手として登録。俊足で、バットコントロールもよく、大学では長所を伸ばして出場機会を増やしていきたい。門馬 功外野手(東海大相模)は東海大相模の門馬前監督の次男で、高い打撃技術を持ちセンバツでホームランを記録。21年の東海大相模打線では屈指の打撃技術があり、さらにキャプテンシーもあり、幹部候補として期待できそうだ。
 森田 空外野手(智辯学園)は世代トップの強肩と俊足を誇るセンター。安達 大和外野手(横浜)は抜群の俊足、強肩、打撃技術を備え、ポテンシャルはドラフト候補級。このクラスの選手が日本体育大に入る流れに驚きを隠せない。