南関東の強豪・日本通運。ENEOS戦に登場したスタメンの出身校を見ていきたい。

1番ショート・添田 真海作新学院出身)◎
2番レフト・大谷 昇吾樟南出身)◎
3番サード・稲垣 誠也明豊出身)◎
4番ライト・北川利生(大阪桐蔭出身)
5番ファースト・森松裕次郎(延岡学園出身)
6番指名打者・木下 朗戸塚出身)
7番キャッチャー・木南 了千葉経大附出身)
8番センター・手銭竜汰(秀岳館出身)
9番セカンド・浦部剛史(広陵出身)
投手・相馬和磨(横浜出身)◎

 

 4人が甲子園を経験。まず添田は15年夏の甲子園では中心打者として活躍。他では、09年に甲子園を経験した大谷、3番稲垣は1年夏に甲子園を経験。先発の相馬は柳 裕也(中日)と同期で、色々な役回りで、活躍を見せた技巧派左腕だ。