夏の山梨大会では駿台甲府、そして山梨学院から勝利して準優勝。山梨学院の5連覇を阻止するなど、一気に注目度が高まった富士学苑。2020年4月から長谷和雄監督に変わったが、5大会を戦って決勝進出が1度、ベスト4が1度、そしてベスト8が2度という結果を残している。

 長谷監督自身も富士学苑で3年間過ごし、卒業後に三菱重工横浜(現三菱パワー)で現役を継続。社会人野球を経験したのち、富士学苑の監督に就任し、母校を指揮することとなった。

 現在では山梨県で上位に勝ち上がるチームに仕上げているわけだが、あくまで自身の考えを押し付けることなく、選手たちに考えさせつつ、他の指導者から提案を受けたメニューを積極的に取り入れているという。そんな富士学苑の練習模様は非常に雰囲気が良いのが特徴的だ。

 これはSBT(スーパーブレイントレーニング)と呼ばれる脳を鍛えるためのもので、選手たちでも「SBTのためにも雰囲気作りは大丈夫にしている」と話す。そんな富士学苑の練習模様は伝わるチーム紹介映像は、高校野球ドットコムの公式チャンネルで配信されている。

(動画を見る)