2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 今年の大阪桐蔭は春、秋ともに近畿大会を制し、初めて明治神宮大会を制する1年となった。

 春、秋ともに近畿大会を制したケースは過去一度あり、それが2017年である。

 大阪開催だった17年春季近畿大会。捕手の福井 章吾主将(慶應義塾大)を中心としたまとまりのあるチームで決勝戦の東海大仰星(大阪)戦を18対0で大勝した。17年秋は中川 卓也内野手(早稲田大)、根尾 昂内野手(中日)を中心に能力が高い選手を揃え、決勝戦の智辯和歌山(和歌山)戦で1対0の辛勝で優勝した。神宮大会ではベスト4で敗退。この負けが選手たちを大きく変え、センバツ優勝につなげた。

 そして今年の春季近畿大会。池田 陵真外野手(オリックス5位)を中心にスラッガーを揃えた大型チームで臨み、決勝戦では智辯学園と対戦。藤原 夏暉内野手のサヨナラ本塁打で勝利を収めた。そして新チームとなった今年の秋季近畿大会決勝では、和歌山東(和歌山)に10対1で大勝。近畿大会を制した強力打線を武器に、明治神宮大会を初めて制した。

 来春のセンバツに出場すれば、優勝候補に挙がることは間違いない大阪桐蔭はさらにパワーアップした姿を見せてくれるのか。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第五十二回 明治神宮野球大会 高校の部
第五十二回 明治神宮野球大会 大学の部