2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 明治神宮大会の大学の部は25日、決勝戦を行い、中央学院大(関東五連盟第一代表・千葉)が、悲願の初優勝を達成した。3回を終わって0対4とビハインドを背負ったが、1点差まで詰め寄って迎えた6回に一死満塁から2番武田 登生内野手(4年=中央学院)が走者一掃の左中間への3点適時二塁打を放って逆転に成功。その後の慶応義塾大(東京六大学連盟)の猛追をしのいで1点差で逃げ切った。

 4回には3番佐藤 晃一捕手(4年=聖光学院)が適時打で1点を返すと、さらに押し出しで2点目。5回には佐藤が左翼席への2ランを放って1点差に詰め寄った。諦めない粘りが6回の逆転劇を呼んだ。

 7回から登板した中央学院大の守護神、山崎凪投手(4年=千葉英和)が、慶応義塾大の猛追をなんとかしのいで、学校創立初の優勝を手にした。4点あったリードも3失点され、1点リードで迎えた9回無死一、二塁の大ピンチも、後続を断ち切って、マウンド上での歓喜の輪の中心で笑顔を浮かべた。

 慶応義塾大はあと1歩及ばず、東京六大学連盟では初となる、史上5校目の「大学四冠」はならなかった。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第五十二回 明治神宮野球大会 高校の部
第五十二回 明治神宮野球大会 大学の部