2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 25日、明治神宮野球大会は決勝戦が行われ、第一試合、高校の部決勝では大阪桐蔭(近畿・大阪)が広陵(中国・広島)を破って初優勝した。

 第二試合は大学の部決勝が行われ、中央学院大(関東五連盟第一代表・千葉)が大学四冠を狙う慶應義塾大(東京六大学野球連盟)に逆転勝ちを収め、大会初優勝を果たした。

■第2試合 慶応義塾大 8-9 中央学院大
慶応義塾大 220 010 210=8
中央学院大 000 225 00×=9
先攻チーム:増居、長谷川、生井、森田、渡部淳、森下ー福井
後攻チーム:畔柳、清水、古田島、上原、山崎ー佐藤
本塁打:萩尾2ラン、広瀬ソロ(慶)佐藤2ラン(中)
三塁打:広瀬(慶)武田(中) 
二塁打:広瀬、橋本(慶)武田(中) 

1回表 慶応義塾大、無死一塁、2番萩尾がバスターから右翼席へ先制2ランを放つ。
2回表 慶応義塾大、2番萩尾が中央学院大の2番手清水から中前2点適時打を放って2点を追加した。
4回表 この回先頭から中央学院大は3番手古田島が登板。
4回裏 中央学院大、無死三塁から3番佐藤の左翼越え適時打と、押し出しで2点を返した。
5回表 慶応義塾大、二死三塁から暴投で1点を追加した。
5回裏 中央学院大、一死一塁から3番佐藤が2試合連発となる左翼越え2ランを放って1点差とした。慶応義塾大は2番手長谷川が登板。
6回表 中央学院大、この回先頭から4番手上原が登板。
6回裏 慶応義塾大、この回先頭から3番手生井が登板。中央学院大は一死満塁から2番武田が走者一掃の左中間への3点適時二塁打を放って逆転に成功した。慶応義塾大は4番手森田、5番手渡部淳と継投。中央学院大は5番渡会が一死満塁から中前へ2点適時打を放ち、さらに2点を追加した。
7回表 中央学院大はこの回先頭から5番手山崎が登板。慶応義塾大は5番廣瀬がバックスクリーンへのソロで1点を返すと、8番朝日の左犠飛でさらに1点を追加した。
7回裏 慶応義塾大はこの回先頭から6番手森下が登板。
8回表 慶応義塾大は二死一、二塁から6番橋本が右翼線へ適時二塁打を放って1点差に詰め寄る。
9回表 慶応義塾大は無死一、二塁のチャンスも得点できず、中央学院大が優勝。

 

※決勝のスタメン
先攻:慶応義塾大
1番(中)渡部 遼人桐光学園出身)
2番(左)萩尾 匡也文徳出身)
3番(三)下山 悠介慶應義塾出身)
4番(一)正木 智也慶應義塾出身)
5番(二)廣瀬 隆太慶應義塾出身)
6番(右)橋本 典之出雲出身)
7番(捕)福井 章吾大阪桐蔭出身)
8番(遊)朝日 晴人彦根東出身)
9番(投)増居 翔太彦根東出身)

※決勝のスタメン
後攻:中央学院大
1番(中)山田 航大(岩倉出身)
2番(遊)武田 登生(中央学院出身)
3番(捕)佐藤 晃一聖光学院出身)
4番(右)嘉数 尊興南出身)
5番(一)度会 基輝拓大紅陵出身)
6番(三)下山 昂大八戸学院光星出身)
7番(左)塩塚 陽人(神港学園出身)
8番(二)仲俣 慎之輔(岩倉出身)
9番(投)畔柳 光西武台千葉出身)

■第1試合 大阪桐蔭 11-7 広陵
大阪桐蔭 004 311 101=11
広陵   000 051 010=7
先攻チーム:別所、川井、川原、藤田、前田ー松尾
後攻チーム:森山、松林、岡山ー大山
本塁打:松尾3ラン、松尾ソロ(大)
三塁打: 
二塁打:松尾、鈴木、丸山(大)中川、真鍋(広) 

1回表 大阪桐蔭、3番松尾が左安で出塁も無得点。
1回裏 広陵、一死一、三塁の好機も無得点。
2回表 大阪桐蔭、無死満塁の好機も併殺などで無得点。
2回裏 広陵、一死二、三塁の好機も無得点。
3回表 大阪桐蔭、一死二、三塁から4番丸山の右前2点適時打で先制。6番田井の右前適時打でさらに1点追加。8番鈴木の左翼線適時二塁打もあり、この回4点を先制した。
4回表 大阪桐蔭、3番松尾が一死一、二塁で広陵2番手松林から左翼席へ3ランを放ち7点の大量リード。
4回裏 大阪桐蔭、2番手川井がこの回先頭から登板。
5回表 大阪桐蔭、敵失で1点を追加した。
5回裏 広陵、4番真鍋の内野安打、5番田上の中前適時打などで4得点。大阪桐蔭3番手川原が登板も、広陵はさらに犠飛で1点を追加。この回4連打を含む6安打で5得点と点差を3に詰めた。
6回表 大阪桐蔭、捕逸で1点を追加。
6回裏 大阪桐蔭、4番手藤田がこの回先頭から登板。広陵4番真鍋の左越えフェンス直撃の適時二塁打で1点を返す。
7回表 大阪桐蔭、3番松尾がこの日2本目となる左翼席へのソロを放つ。広陵は3番手岡山が登板。
8回裏 大阪桐蔭、この回先頭から5番手に1年生左腕前田が登板。広陵は4番真鍋が右前安打を放ちチャンスを広げると、5番田上が中前適時打を放って1点を返す。
9回表 大阪桐蔭、5番海老根の適時打で1点を追加する。
9回裏 大阪桐蔭、前田が無失点に抑えて優勝。

 

※決勝のスタメン
先攻:大阪桐蔭
1番(三)伊藤 櫂人
2番(右)谷口 勇人
3番(捕)松尾 汐恩
4番(一)丸山 一喜
5番(中)海老根 優大
6番(左)田井 志門
7番(二)星子 天真
8番(遊)鈴木 塁
9番(投)別所 孝亮

※決勝のスタメン
後攻:広陵
1番(中)中川 将心
2番(二)松下 水音
3番(右)内海 優太
4番(一)真鍋 慧
5番(左)田上 夏衣
6番(三)背戸川内 晴哉
7番(捕)大山 陽生
8番(遊)川瀬 虎太朗
9番(投)森山 陽一朗

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第五十二回 明治神宮野球大会 高校の部
第五十二回 明治神宮野球大会 大学の部