近畿大会でベスト4進出を果たし、来春の選抜への当確ランプを灯した天理(奈良)が21日、香川県での招待試合で2試合を行い、前日に続いて2連勝した。今招待試合、香川県の秋季大会ベスト4チームとの4戦をすべて勝利で終えた。

 英明戦では2回に1点を先制されたが、6回に同点。8回に2点を勝ち越されたが、その裏に1点を返して迎えた二死三塁から、4番の内藤 大翔が逆転2ランを放って4対3で勝利した。南澤 佑音は先発して10安打3失点の完投だった。

 大手前高松戦は6対2で勝利した。初回に先頭打者からの3連打で1点を先制すると、4回から4イニング連続で得点を重ねて突き放した。2番大城 志琉が4打数4安打、5番川端 亮希が4打数3安打の活躍だった。投手陣は先発・村上 洸星から中川 輝星へのリレーで2失点に抑えた。

■11月21日の試合