12日、クライマックスシリーズ・ファイナルステージのジャイアンツ戦を2対2で引き分けたヤクルト。これでアドバンテージの1勝を含めて3勝1分となり、6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

 試合後、最優秀選手賞が発表され、初戦で自身初となる完封勝利を飾った高卒2年目・奥川 恭伸星稜出身)が選出された。

 10日の試合では、100球未満での完封勝利。トレンド入りもした「マダックス」を成し遂げる快投を見せた。チームに勢いを与える快投はMVP級だったといってよいだろう。

 日本シリーズでの登板もあるのか。20歳のピッチングに注目だ。

(動画を見る)