15年夏に甲子園で優勝した東海大相模(神奈川)。オリックス・吉田 凌投手、中日・小笠原 慎之介投手の2枚看板の活躍が光った。プロ入りした2人だけではなく、他の選手達も社会人で活躍しているが、そのなかの5人が都市対抗(28日開幕)に出場する。

 当時の打順でいえば
1番セカンド・千野 啓二郎(東海大-Honda)
2番センター・宮地 恭平(東海大-JFE東日本)
3番ショート・杉崎 成輝(東海大-JR東日本)
4番ライト・豊田 寛(国際武道大-日立製作所-阪神ドラフト6位)
5番ファースト・磯網 栄登(国際武道大-日本通運)

 千野が所属する前年優勝のHonda(狭山市)は、開幕戦でJR東日本東北(仙台市)と対戦。宮地が所属するJFE東日本(千葉市)は日本製鐵東海REX(東海市)と対戦する。

 杉崎が所属するJR東日本(東京都)は初戦でHonda熊本(大津町)と、阪神から指名を受けた豊田が所属する日立製作所(日立市)はヤマハ(浜松市)とそれぞれ初戦で対戦する。