ドラフト会議は高校、大学、社会人、独立の4カテゴリーからのエリートを指名する。育成枠を活用する球団も増えたため、本指名も難しい。その中で、東京ヤクルト4位の小森 航大郎宇部工)は掘り出し物といっていい選手だ。ドラフトファンも関心が高くても、どんな表情をしているのか、どんな動きをしているのか、イメージがつかない方も多いはず。ここで、高校野球ドットコムは、小森を取材。スペックの高さはもちろんだが、それ以上にどんな人でもリスペクトする素敵な人柄を持った選手だった。

 東京ヤクルトは、長岡 秀樹八千代松陰)、 武岡 龍世八戸学院光星)と、高卒内野手の選球眼が良いので、ぜひ2人に負けない成長を見せてほしい。

(動画を見る)