秋季九州大会準々決勝が9日行われたことで、ベスト4の顔ぶれが出揃った。鹿児島では初となる離島のチームが県大会を制したことで大きく話題となった大島明豊を5回コールドで破った強打・九州国際大付などが準決勝進出を決めた。

 これにより、2022年の選抜出場の有力校と位置づけされるチームの顔ぶれが出揃った。各地区で見ていくと、花巻東浦和学院星稜大阪桐蔭など高校野球界を代表する名門校と呼ばれるチームが、厳しい秋季大会を勝ち上がり、当確ランプを灯した。

 一方でクラーク記念国際日大三島、さらには和歌山東有田工といったフレッシュな顔ぶれも、選抜に向けて大きく前進した。

 順当にこれらのチームが選ばれるかどうかは、まだ分からないが、関東・東京6校目など一般選考で選出される微妙な4校がどこになるかは楽しみな部分ではある。また21世紀枠もどんなチームになるかも注目ポイントだ。

 選考結果が発表されるのは1月28日。吉報が届く32校はどこなのか。