2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 7日、秋季関東大会は決勝戦を迎え、明秀学園日立山梨学院を下して、関東の頂点に輝いた。

 山梨学院2点リードで迎えた2回、明秀学園日立は2番・平野 太智の一打などで4点を奪って4対2で逆転。試合の主導権を握ったかのように思われた。

 しかし、山梨学院も少しずつ点差を詰められると、4対3で迎えた5回には5番・相澤 秀光のホームランなどで一挙3失点。4対6と再び追いかける立場に変わる。

 ただ直後に石川 ケニー猪俣 駿太のホームランで6対6とすかさず追いつき、前半を折り返す。

 後半も互いに点数を奪い、7対7で迎えた7回、明秀学園日立は二死一、三塁と勝ち越しの場面で、9番・伊藤 和也が前進していた外野手の頭を越える勝ち越し打。ランナー2人が生還し、9対7と試合を決めた。

 最後は再びマウンドに上がった猪俣が山梨学院の反撃を封じ、明秀学園日立が優勝を飾った。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第74回 秋季関東地区高等学校野球大会

■11月2日の試合

第74回 秋季関東地区高等学校野球大会

第74回 秋季関東地区高等学校野球大会
準々決勝 山梨学院    9  -  0    白鷗大足利 J:COMスタジアム土浦 応援メッセージ
浦和学院    5  -  0    桐生第一 J:COMスタジアム土浦 応援メッセージ
木更津総合    4  -  1    東海大相模 水戸市民球場 応援メッセージ
明秀学園日立 11  -  4    健大高崎 水戸市民球場 応援メッセージ