広島が生んだ怪童・大田 泰示東海大相模出身)。通算75本塁打を記録しているスラッガーの大田は広島県の福山市立城南中出身。その中学に大田 泰示二世と呼ばれる選手がいる。それが長尾幸誠(右投げ右打ち・外野手)だ。

 ヤングJKBに所属する長尾は187センチ82キロと恵まれた体格を持ち、50メートル6秒3、抜群の強肩、強打が持ち味。広陵出身の重政監督も身体能力の高さに太鼓判を押す。

 高校野球ドットコムの動画チャンネルではその長尾を徹底特集。深い位置からでもダイレクト返球を見せるシーンや中学生離れの鋭い打球を放つ打撃練習をチェックができる。

(動画を見る)