2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 6日、秋季関東大会は準決勝が行われ、2試合目は地元・茨城の1位校・明秀日立木更津総合を下して、決勝進出を果たした。

 2回に先取点を奪った明秀日立は続く3回、1番・本坊 匠の二塁打などで2点を追加。3対0と木更津総合を突き放す。3回、そして5回それぞれで1点を返されるものの、明秀日立は6回に4番・武田 一渓にホームランが飛び出し、4対2と中押しに成功。リードしたまま終盤へ入った。

 先発したエース・猪俣 駿太は、要所で見せる140キロの真っすぐを軸に、強力・木更津総合打線を最少失点に抑える。

 7回にもダメ押しの1点を追加して5対2とした明秀日立木更津総合を下し、山梨学院の待つ決勝へ進出。2017年の秋季大会以来の結果だが、当時は準優勝に終わった。地元・茨城の優勝校として関東大会も制するか。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第74回 秋季関東地区高等学校野球大会

■11月6日の試合

第74回 秋季関東地区高等学校野球大会

第74回 秋季関東地区高等学校野球大会
準決勝 山梨学院    9  -  2    浦和学院 J:COMスタジアム土浦 応援メッセージ
明秀学園日立    5  -  2    木更津総合 J:COMスタジアム土浦 応援メッセージ

■11月7日の試合

第74回 秋季関東地区高等学校野球大会

第74回 秋季関東地区高等学校野球大会
決勝 明秀学園日立    9  -  7    山梨学院 J:COMスタジアム土浦 応援メッセージ