観戦記事(11/2)

【水戸市民球場】
木更津総合vs東海大相模 
出場校トップクラスの東海大相模投手陣を攻略!ベスト4進出の木更津総合の打撃アプローチ法とは?
名門対決は、木更津総合に軍配が上がった。初回、木更津総合は6番芦川 正真らの一打で先取点を奪い主導権を握る。その後はエース・越井 颯一郎がリードを守る好投を披露。東海大相模を下してセンバツ出場へ大きく前進した。

明秀学園日立vs健大高崎 
最重量打線・明秀日立が硬軟織り交ぜた攻撃で健大高崎を圧倒し、4年ぶりのベスト4
明秀日立が自慢の強力打線を活かして健大高崎を下した。2回に小久保 快栄の二塁打でチャンスを作ると、相手のエラーやスクイズなど細かい攻撃も駆使して3点を先取。その後も着実に点数を重ねていき,9回11得点。強打と小技で健大高崎を11対4で下した。

【J:COMスタジアム土浦】
山梨学院vs白鷗大足利 
山梨学院エース榎谷、縦振りフォームのカットボールで翻弄
初戦に続き、準々決勝もつながりの強い打線が機能し、山梨学院がコールドで勝利。初回から毎回得点で白鷗大足利を引き離すと、エース・榎谷 礼央が好投。カットボールなどを駆使して無四死球で勝利に導いた。

浦和学院vs桐生第一 
浦和学院・宮城が変化球の修正で完封劇、センバツ手繰り寄せる
中盤に追加点を重ねた浦和学院桐生第一を下した。1対0の6回、浦和学院はスクイズなど小技を絡めながら4点を奪いリードを広げると、エース・宮城 誇南が好投。9回完封で実力者揃う桐生第一を抑え、ベスト4進出を決めた。