2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 来年のセンバツ出場につながる秋季関東地区大会は2日、準々決勝4試合が行われ、センバツ出場が確実となる4強が決まった。

 山梨学院(山梨)は自慢の打線が9安打を放って、9対0の7回コールドで白鷗大足利(栃木)を破ってベスト4入り。開催がなかった20年以来となるセンバツ選考に大きく前進した。1回二死満塁から6番澁谷 剛生(2年)が走者一掃の3点適時二塁打を放って3点を先制すると、2回から6回まで毎回得点をマーク。5四球もうまくからめて9得点を挙げた。投げても先発の榎谷 礼央(2年)が7回無失点の好投だった。

 木更津総合(千葉)が4対1で強豪の東海大相模(神奈川)を破って、16年以来のセンバツ出場をたぐり寄せるベスト4に進んだ。初回、内野ゴロの間に1点を先制後、二死二、三塁から6番芦川 正真(1年)が2点適時二塁打を放って初回に3得点してリズムをつかんだ。その裏に1点を返されたが、5回には4番水野 岳斗(1年)が適時二塁打を放ち、突き放した。投げてはエース右腕の越井 颯一郎(2年)が6安打1失点完投。完封した帝京三戦に続く2戦連続完投でチームをベスト4に導いた。

 浦和学院(埼玉)はエース宮城 誇南(2年)の完封劇で5対0で桐生第一(群馬)を下して、15年以来となるセンバツ出場が濃厚となった。宮城は向上戦は先発5回4失点だったが、この日は9回6安打無失点。118球のシャットアウトだった。打線は2回に1点を先制し、6回にはスクイズ、適時打などで4点を奪って突き放した。

 16安打を放った明秀日立(茨城)が健大高崎(群馬)を11対4で制してベスト4入りし、18年以来となるセンバツ出場へ大きく前進した。2回に適時打、スクイズ、敵失で3点を先制した。4回も3得点して突き放し、9回にはダメ押しの4点を奪って健大高崎を振り切った。

 

 準決勝は6日に予定されている。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第74回 秋季関東地区高等学校野球大会

■11月2日の試合

第74回 秋季関東地区高等学校野球大会

第74回 秋季関東地区高等学校野球大会
準々決勝 山梨学院    9  -  0    白鷗大足利 J:COMスタジアム土浦 応援メッセージ
浦和学院    5  -  0    桐生第一 J:COMスタジアム土浦 応援メッセージ
木更津総合    4  -  1    東海大相模 水戸市民球場 応援メッセージ
明秀学園日立 11  -  4    健大高崎 水戸市民球場 応援メッセージ