2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 秋季四国地区大会は31日、決勝を行い、高知(高知)が7対3で鳴門(徳島)を下した。9年ぶりの優勝を決め、11月20日から神宮球場で行われる明治神宮大会(高校の部)へ出場する。

 高知は1回に犠牲フライで1点を先制されたが、その裏に二死二、三塁から5番 西野 啓也(2年)が左翼越えの3ランを放って逆転するなど、この回4得点した。なおも6回には9番谷崎 陽(2年)の適時打などで2得点して逃げ切った。投げては小西 匠山下 圭太高橋 友川竹 巧真のリレーで5安打3失点に抑えた。

 鳴門は9回に5番藤中温人(2年)が9回にソロを放ったが反撃はかなわず、4失策も響いて敗れた。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第74回 秋季四国地区高等学校野球大会

■10月30日の試合結果

第74回 秋季四国地区高等学校野球大会

第74回 秋季四国地区高等学校野球大会
準決勝 鳴門    3  -  2    明徳義塾 西条市ひうち球場 応援メッセージ
高知 11  -  4    徳島商 西条市ひうち球場 応援メッセージ

■10月31日の試合予定

第74回 秋季四国地区高等学校野球大会

第74回 秋季四国地区高等学校野球大会
決勝 高知    7  -  3    鳴門 西条市ひうち球場 応援メッセージ