2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 秋季中国地区大会は31日、広島勢同士の対決となった決勝が行われ、広陵が7対0と広島商に快勝し、3年ぶりの優勝を決めた。11月20日から神宮球場で行われる明治神宮大会(高校の部)への出場を決めた。

 広陵は初回、3番内海 優太(2年)の左中間への2ランで先制。3回は一死二、三塁から4番真鍋 慧(1年)が中前へ2点適時打を放ってリードを広げた。さらに5回にも真鍋の適時打と犠飛で2点を奪って勝負を決めた。

 投げては先発の森山 陽一朗投手(2年)が8回、2番手岡山 勇斗が1回をそれぞれ無失点に抑えた。

 広島商は先発の浴口 光介(2年)と2番手神野 智(2年)が2人で7失点と乱れ、打線も広陵2投手の前に5安打に抑えられた。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会の詳細・応援メッセージ
第137回 秋季中国地区高等学校野球大会

■10月31日の試合予定

第137回 秋季中国地区高等学校野球大会

第137回 秋季中国地区高等学校野球大会
決勝 広陵    7  -  0    広島商 西京スタジアム 応援メッセージ