2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 30日、4強が出揃っている秋季中国大会は準決勝2試合が行われ、決勝進出2校が決まる。選抜大会の中・四国地区の一般枠は5。「当確ライン」である2強入りへ、大一番となる。

 第一試合は広陵(広島3位)と岡山学芸館(岡山2位)、第二試合は倉敷工(岡山1位)と広島商(広島1位)の対戦カードとなり、2試合とも岡山勢vs広島勢の激突となる。

 広島勢は県内最多24回の選抜出場を誇る広陵、ついで21回を誇る広島商の伝統校が勝ち残った。県勢2校同時出場となれば20年ぶりとなる。岡山学芸館は19年夏以来の聖地を目指す。選抜10度の出場を誇る倉敷工は2009年以来の晴れ舞台を狙う。山陽勢対決を制し、決勝に駒を進めるのはどのチームか。好ゲームに期待したい。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会の詳細・応援メッセージ
第137回 秋季中国地区高等学校野球大会

■10月30日の試合予定

第137回 秋季中国地区高等学校野球大会

第137回 秋季中国地区高等学校野球大会
準決勝 広陵    7  -  4    岡山学芸館 西京スタジアム 応援メッセージ
広島商    9  -  6    倉敷工 西京スタジアム 応援メッセージ