2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 来年センバツ選考の参考資料となる秋季中国地区大会は24日、準々決勝4試合が行われた。

 西京スタジアムでは広陵下関国際と対戦し、試合は3回に広陵が先制点を挙げると、5回にも追加点を挙げて主導権を握る。先発の森山 陽一朗投手は序盤から隙の無い投球を見せて、8回までノーヒットの快投。最終的に1安打完封勝利を挙げ、広陵が3対0で勝利した。
 また岡山学芸館立正大淞南と対戦し、3回に3点を先制すると、その後も着実に追加点を挙げて6対0で完勝。ベスト4進出を決めた。

 津田恒実メモリアルスタジアムでは倉敷工が登場し、宇部商を相手に打線が力を見せて10対2と完勝。そして広島商も、鳥取商を6対2で下して準々決勝を突破した。
 秋季中国地区大会は、これでベスト4が出揃った。準決勝は30日に西京スタジアムで行われる予定だ。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会の詳細・応援メッセージ
第137回 秋季中国地区高等学校野球大会

■10月24日の試合結果

第137回 秋季中国地区高等学校野球大会

第137回 秋季中国地区高等学校野球大会
準々決勝 広陵    3  -  0    下関国際 西京スタジアム 応援メッセージ
岡山学芸館    6  -  0    立正大淞南 西京スタジアム 応援メッセージ
倉敷工 10  -  2    宇部商 周南市野球場(津田恒実メモリアルスタジアム) 応援メッセージ
広島商    6  -  2    鳥取商 周南市野球場(津田恒実メモリアルスタジアム) 応援メッセージ

■10月30日の試合予定

第137回 秋季中国地区高等学校野球大会

第137回 秋季中国地区高等学校野球大会
準決勝 広陵    7  -  4    岡山学芸館 西京スタジアム 応援メッセージ
広島商    9  -  6    倉敷工 西京スタジアム 応援メッセージ