2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 福岡県秋季大会は、九州国際大付福岡第一が決勝に進み、九州大会出場を決めた。この2チームによる決勝が24日、北九州市民球場で行われる。果たしてどちらが優勝するのだろうか。

 ともに打線が好調で、九州国際大付の楠城 徹監督、福岡第一の山本 裕(ゆたか)監督とも、打線には手ごたえを感じている。だからこそ、両チームの投手陣の出来がカギを握りそうだ。

 九州国際大付のエースは左腕の香西 一希(こうざい・かずき)投手(2年)。130キロ中盤の速球と、多彩な変化球で打ち取るタイプ。制球力もよく、準決勝の自由ケ丘戦では、8回2失点にも四死球は一つも出さなかった。投球テンポもよく、守りにもリズムが生まれる。楠城監督も「今年は守りがいい」と胸を張る。「そう簡単に九州国際大付の背番号1はもらえない。努力してつかんでいるから」と楠城監督は香西には信頼をおいている。投打がかみ合った九州国際大付を率いる楠城監督は「自身過去2回の九州大会はともに2位。しっかりとした戦いをして九州大会に行きたい」と優勝への意欲を口にしていた。昨年から正捕手の野田 海人主将(2年)も「しっかり優勝して九州大会へといきたい」と意気込んでいた。

 対する福岡第一は「左腕コンビ」が中心。4人の投手で勝ち上がってきたが、背番号1の1年生左腕、川波 櫂人(かいと)投手と、2年生の背番号10の杉本 響投手のどちらかが先発してきた。山本監督は「川波がまだ1年生なので完投は難しい」とリレーは必死。どちらが先発しても2人の継投で、どこまで九州国際大付打線を抑えられるかが、カギとなりそうだ。

 立ち上がりから序盤で試合が決まるかもしれない。プレーボールは24日午後1時に予定されている。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・応援メッセージ
第149回 九州地区高等学校野球 福岡県大会

■10月24日の試合予定

第149回 九州地区高等学校野球 福岡県大会

第149回 九州地区高等学校野球 福岡県大会
決勝 九州国際大付 13  -  1    福岡第一 北九州市民球場 応援メッセージ
3・4位決定戦 自由ケ丘    9  -  8    飯塚 北九州市民球場 応援メッセージ