2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 23日、秋季近畿大会は1回戦、準々決勝あわせて3試合が行われた。

 第1試合の和歌山東八幡商の一戦は、3対1で和歌山東が勝利。智辯和歌山を破った勢いそのままに先発・麻田が1失点完投。八幡商を下して、初の甲子園へ一歩前進した。

 1回戦最後の一戦は注目校対決。京都国際履正社の一戦は、完封で京都国際が勝利。エース・森下 瑠大の11奪三振完封劇で、強敵・履正社を下して3季連続甲子園へ、また一歩近づいた。

 そして準々決勝では、天理市立和歌山を下してベスト4一番乗り。来春の選抜へ大きく前進した。天理は主将・戸井 零士にホームランが飛び出すなど、市立和歌山米田 天翼から5点奪う攻撃で序盤で主導権を握ると、投げては南澤 佑音が9回1失点にまとめる好投。準決勝進出に貢献した。

 24日も準々決勝3試合が予定されており、ベスト4の顔ぶれが確定する。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
令和3年度 秋季近畿地区高等学校野球大会

■10月23日の試合

令和3年度 秋季近畿地区高等学校野球大会

令和3年度 秋季近畿地区高等学校野球大会
準々決勝 天理    5  -  1    市立和歌山 皇子山球場 応援メッセージ
1回戦 和歌山東    3  -  1    八幡商 皇子山球場 応援メッセージ
京都国際    3  -  0    履正社 皇子山球場 応援メッセージ

■10月24日の試合

令和3年度 秋季近畿地区高等学校野球大会

令和3年度 秋季近畿地区高等学校野球大会
準々決勝 大阪桐蔭    5  -  0    東洋大姫路 皇子山球場 応援メッセージ
金光大阪    7  -  6    近江 皇子山球場 応援メッセージ
和歌山東    3  -  2    京都国際 皇子山球場 応援メッセージ