2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 秋季福岡県大会は23日に準決勝が予定されている。対戦カードは、第一試合が自由ケ丘九州国際大付、第二試合が福岡第一飯塚。準々決勝では、すべてのチームが「打力」を武器に勝ち上がった。準決勝も当然、打ち合いが予想される。

 来年センバツの重要な参考資料となる九州大会への出場はわずか2枠。準決勝に勝利したチームだけが、センバツ切符への道がつながる。負けられない戦いから目が離せない。

自由ケ丘九州国際大付

 自由ケ丘の打線はとにかく「フルスイング」をテーマに、個人個人が強いスイングをしかけて、ヒットを量産してきた。1番から5番までの上位打線は特に強力で、3番中村、4番冬木 壌太郎、5番吉村が得点源となる。4番冬木はバランスの取れた体格から、長打力を発揮する。豪快なスイングがはまれば、もちろんアーチが生まれる素質がある。

 対する九州国際大付は1年生4番、佐倉 侠史朗がどっかりと打線を支えている。183センチで106キロ。「超重量級」からも予想できない体の切れもあり、5回戦東筑戦、準々決勝の福岡戦と2戦連発でホームランを放っている。楠城 徹監督も「4番が決まったので今年はなんとか」と手ごたえを感じている。3戦連発で九州大会を狙う。

福岡第一飯塚

 191センチの最速145キロ右腕、飯塚の白浜 快起投手(2年)が、どこまで福岡第一打線を封じるかに焦点が集まる。準々決勝の福岡大大濠戦では10失点を喫したが、しっかり立て直したいところ。球速は140キロを超える直球を連発していたが、終盤疲れが見えてきた点もある。4番も任されているだけに、体力勝負となるだろう。

 福岡第一は準々決勝で2者連続アーチを放った宮島 侑大末永 弥雅斗の5番、6番が絶好調。台湾出身の4番高 威廣(こう・いこう)は鋭い打球でヒットを量産する。準々決勝でも、ホームラン2本に隠れたが、3打数2安打2打点をマークした。勝負強さもあり、飯塚・白濱攻略として、4番高のバットがカギを握るかもしれない。

 4チームとも4番がカギになりそうだ。自由ケ丘・冬木、九州国際大付・佐倉、飯塚・白濱、福岡第一・高。秋季大会では珍しく打者が目立つ今年の福岡大会で、どのチームの4番が打撃を爆発させるだろうか。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・応援メッセージ
第149回 九州地区高等学校野球 福岡県大会

■10月23日の試合予定

第149回 九州地区高等学校野球 福岡県大会

第149回 九州地区高等学校野球 福岡県大会
準決勝 九州国際大付    9  -  2    自由ケ丘 北九州市民球場 応援メッセージ
福岡第一    2  -  1    飯塚 北九州市民球場 応援メッセージ