2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 10月17日、近畿大会2日目、東洋大姫路vs智辯学園の一戦が行われ、東洋大姫路が2対0で完封勝利。

 3回表、2番・千代凱登の適時二塁打、8回表、4番實川新太の適時二塁打で2点をとった東洋大姫路は、エースの森 健人は135キロ前後の直球を強気に投げ込み、6安打完封勝利で、ベスト8進出を決めた。

 完封勝利の森は「最後まで強気にコーナーを勝負できて、つまらせる投球ができました」とプラン通りの投球が出来たと振り返った。来年3月の退任が決まっている藤田監督は「この試合は森につきます」とエースを大きく称えていた。

 これでこの夏の甲子園優勝、準優勝が敗れる結果となった。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
令和3年度 秋季近畿地区高等学校野球大会

■10月17日の試合

令和3年度 秋季近畿地区高等学校野球大会

令和3年度 秋季近畿地区高等学校野球大会
1回戦 東洋大姫路    2  -  0    智辯学園 皇子山球場 応援メッセージ
金光大阪    2  -  0    高田商 皇子山球場 応援メッセージ