2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 22日開幕の秋季中国地区大会の組み合わせ抽選が15日行われ、来年センバツ出場をかけて16校が熱い戦いを繰り広げる。

 広島県を制し、2002年以来のセンバツ出場を狙う広島商は、島根3位の益田東と初戦で対戦することが決まった。今年に続き2年連続センバツを狙う下関国際(山口1位)は、岡山3位ながら実力校の創志学園と初戦で対決する。

 岡山1位の倉敷工米子西(島根3位)、鳥取1位の鳥取商は山口4位の宇部工、島根1位の立正大淞南岩国商(山口3位)との対戦が決まった。

 大会は22、23日に1回戦、24日に準々決勝を行い、準決勝が30日、決勝は31日の予定となっている。翌センバツ選考では中国・四国地区から5校が選出されているが、中国地区は基本3枠が多い。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会の詳細・応援メッセージ
第137回 秋季中国地区高等学校野球大会

■10月22日の試合

第137回 秋季中国地区高等学校野球大会

第137回 秋季中国地区高等学校野球大会
1回戦 下関国際    8  -  0    創志学園 西京スタジアム 応援メッセージ
広陵    6  -  0    倉吉総合産 西京スタジアム 応援メッセージ
倉敷工    5  -  0    米子西 周南市野球場(津田恒実メモリアルスタジアム) 応援メッセージ
宇部商    7  -  5    出雲西 周南市野球場(津田恒実メモリアルスタジアム) 応援メッセージ