広島の高卒2年目・鈴木 寛人霞ヶ浦出身)の戦力外となった情報を聞いて、とにかくショックを受けた。

 2018年、明豊が大分高野連の施策として茨城遠征を行い、そこで対戦したのが霞ヶ浦だった。明豊はスラッガー・濱田 太貴が注目されていたが、その濱田にたちむかったのが当時2年生だった鈴木である。霞ヶ浦の好投手らしいバランスが取れた投球フォームから140キロ前後の速球を投げ込み、勝負する姿は惚れ惚れした。試合後、霞ヶ浦の高橋監督に「一冬超えてぐっと良くなってきました。やはりあの2人(綾部、遠藤)ぐらい成長してもらわないと困る投手です」と絶賛するほど。最終学年では140キロ後半の速球と多彩な変化球を投げ分け、甲子園に出場。茨城大会のスカウトの注目度がすごく、多数の球団が詰めかけた。

 投球フォームの洗練さはさらに増していて、これはNPBに入ったら、とても楽しみな投手だと実感させられたものだ。広島東洋カープから3位指名を受け、ファンからの期待も高かった。しかし1年目はファームはわずか1試合、2年目は登板なしに終わった。高校時代に鈴木の素質にときめいたものとしてはこの終わり方はとにかく無念でならない。

 NPBではなくても、どの舞台でもいいので、投手としてもう一輝きしてほしい。