14日、秋季東北地区大会の組み合わせ抽選会が予定されている。各県上位3校、計18校が出場する今大会。各県大会を勝ち抜き出場権を獲得していいるチームの顔ぶれは以下の通り。

青森:青森山田八戸工大一東奥義塾
岩手:花巻東久慈東盛岡大附
秋田:能代松陽大館桂桜大曲工
山形:酒田南鶴岡東山形中央
宮城:仙台育英東北聖和学園
福島:聖光学院東日本国際大昌平学法石川

 夏の甲子園出場校は岩手3位の盛岡大附のみ。唯一、夏春連続出場を目指し戦っていく。仙台育英は秋の県大会10連覇を達成した。この東北大会も3連覇がかかっている。

 大会は20日に開幕予定。来春選抜大会出場へ重要な参考資料となっており、例年通りであれば東北地区の一般選考枠は2枠となっている。果たしてどんな組み合わせとなるだろうか。