2021年のドラフト会議も終了し、来年のドラフト候補が注目されています。

 特に大学生が熱く、立教大の山田 健太選手、早稲田大の蛭間 拓哉選手など東京六大学にはスター選手が揃い、東都は中央大の森下 翔太選手、亜細亜大の田中 幹也選手もスター性と実力は東京六大学に負けていません。

 華があるといえば、日体大の二刀流・矢澤 宏太選手。投げては140キロ後半の速球、切れ味鋭いスライダーを武器に5試合を投げて3完封。打者としてもクリーンナップとして活躍しています。

 まだまだいる大学3年生の逸材たち。高校野球ドットコムの動画チャンネルでは、来年有望な大学生をプレーシーンを交えて紹介しています。

(動画を見る)