ドラフトも近づき、各メディア、有名解説者がドラフト展望する声も多くなってきた。

 その中で、ドラ1候補に挙がるのが佐藤 隼輔(筑波大)だ。

 150キロ前後の直球を投げる投手としては変化球をしっかりとコンビネーションにして投球を組み立てられることだ。特に佐藤はスライダーを自信に持っており、ストレートと同じ感覚で腕を振るという。スライダー、チェンジアップとシンプルな組み合わせだが、投球ができる投手として評価が高い。左腕が不足している球団にとっては是が非でも取りたい投手だ。

 

(動画を見る)