ドラフト戦略を大胆予想!
ヤクルトは安定感ある高校生投手を指名すべき?【12球団ドラフト分析】

 11日に開かれるプロ野球ドラフト会議。今回は東京ヤクルトスワローズの2011年からの2020年の過去10年間のドラフト指名者を一覧で振り返っていきたい。

<2011年>
1位:川上 竜平(光星学院
2位:木谷 良平(日本文理大)
3位:比屋根渉(日本製紙石巻)
4位:太田裕哉(日本製紙石巻)
5位:中根佑二(東北福祉大)
6位:古野正人(三菱重工神戸)
育成1位:徳山武陽(立命館大)
育成2位:金伏ウーゴ(白鴎大)

<2012年>
1位:石山 泰稚(ヤマハ)
2位:小川 泰弘(創価大)
3位:田川 賢吾高知中央
4位:江村 将也(ワイテック)
5位:星野 雄大(香川オリーブガイナーズ)
6位:谷内 亮太(國學院大)
7位:大場 達也(日立製作所)

<2013年>
1位:杉浦 稔大(國學院大學)
2位:西浦 直亨(法政大)
3位:秋吉 亮(パナソニック)
4位:岩橋慶侍(京都産業大)
5位:児山 祐斗関西
6位:藤井亮太(シティライト岡山)

<2014年>
1位:竹下 真吾(ヤマハ)
2位:風張 蓮(東農大北海道オホーツク)
3位:山川 晃司福岡工大城東
4位:寺田 哲也(香川オリーブガイナーズ)
5位:中元 勇作(伯和ビクトリーズ)
6位:土肥 寛昌(Honda鈴鹿)
7位:原 泉(第一工業大)
育成1位:中島 彰吾(福岡大)

<2015年>
1位:原 樹理(東洋大)
2位:廣岡 大志智辯学園
3位:高橋 奎二龍谷大平安
4位:日隈 ジュリアス高知中央
5位:山崎 晃大朗(日本大)
6位:渡辺 大樹専大松戸

<2016年>
1位:寺島 成輝履正社
2位:星 知弥(明治大学)
3位:梅野 雄吾九産大九産
4位:中尾 輝(名古屋経済大学)
5位:古賀 優大明徳義塾
6位:菊沢 竜佑(相双リテック 軟式野球部)
育成1位:大村 孟(石川ミリオンスターズ)

<2017年>
1位:村上 宗隆九州学院
2位:大下 佑馬(三菱重工広島)
3位:蔵本 治孝(岡山商科大)
4位:塩見 泰隆(JX-ENEOS)
5位:金久保 優斗(東海大市原望洋)
6位:宮本 丈(奈良学園大)
7位:松本 直樹(西濃運輸)
8位:沼田 拓巳(石川ミリオンスターズ)

<2018年>
1位:清水 昇(國學院大)
2位:中山 翔太(法政大)
3位:市川 悠太明徳義塾
4位:濱田 太貴明豊
5位:坂本 光士郎(新日鉄住金広畑)
6位:鈴木 裕太日本文理
7位:久保 拓眞(九州共立大)
8位:吉田 大成(明治安田生命)
育成1位:内山 太嗣(栃木ゴールデンブレーブス)
育成2位:松本 友(福井ミラクルエレファンツ)

<2019年>
1位:奥川 恭伸星稜
2位:吉田 大喜大冠-日体大)
3位:杉山 晃基盛岡大附‐創価大学)
4位:大西 広樹大阪商業大高-大商大)
5位:長岡 秀樹八千代松陰
6位:武岡 龍世八戸学院光星

<2020年>
1位:木澤 尚文慶應義塾-慶應義塾大学)
2位:山野 太一高川学園-東北福祉大)
3位:内山 壮真星稜
4位:元山 飛優佐久長聖-東北福祉大学)
5位:並木 秀尊(市立川口-獨協大学)
6位:嘉手苅 浩太日本航空石川
育成1位:下 慎之介健大高崎
育成2位:赤羽 由紘日本ウェルネス長野-信濃グランセローズ)
育成3位:松井 聖東邦−信濃グランセローズ)
育成4位:丸山 翔大(小倉工-西日本工業大学)