【各県の大会結果は県名をクリック!】

 7日、秋季関東大会の組み合わせ抽選会が行われる。現在、地区予選が行われている茨城県を除き、関東大会に出場する6県の代表校、12チームの顔ぶれは既に決まっている。関東大会に挑む各校を一覧で振り返りたい。

栃木
白鷗大足利(1位)
文星芸大附(2位)

群馬
桐生第一(1位)
健大高崎(2位)

埼玉
浦和学院(1位)
花咲徳栄(2位)

千葉
木更津総合(1位)
拓大紅陵(2位)

神奈川
東海大相模(1位)
向上(2位)

山梨
山梨学院(1位)
帝京三(2位)

 センバツ連覇の期待がかかる東海大相模を筆頭に、各県の強豪校が関東大会に出場する。

 この大会、3連覇の期待がかかる健大高崎は、群馬2位として大会に出場する。その他であれば、夏春の甲子園連続出場の期待がかかる新生・浦和学院。そして木更津総合が秋季関東大会に連続出場となっている。

 さらに花咲徳栄山梨学院桐生第一など実力あるチームが選抜を目指して火花を散らすことになる。果たして、このなかで来春の選抜出場へ大きく前進するのはどの学校となるのか。その命運を占う抽選結果に注目だ。