今年も10月11日、運命のドラフトを迎える。すでに、全国ではドラフト1位候補の話題で満載だが、各地域でも全国と同等の知名度を持つ選手から、「埋もれた存在」的な好素材もいる。今回は九州の高校生投手にスポットを当てる。

<九州のプロ志望届提出の高校投手(9月21日現在)>

福岡  九州国際大付山本 大揮投手
    九州国際大付柳川 大晟投手
    折尾愛真稲川 竜汰投手
佐賀  敬徳太田 透天投手
長崎  創成館鴨打 瑛二投手
    九州文化学園黒木 優投手
熊本  城北永谷 魁人投手
    熊本国府田中 天望投手
大分  明豊京本 眞投手
鹿児島 出水中央石元 雄太投手
    神村学園泰 勝利投手
沖縄  未来沖縄松竹 嬉竜投手
    豊見城垣花 琉陽投手

 速球派が多く、将来が楽しみな投手ばかりだ。昨年のドラフトでは、福岡大大濠山下 舜平大投手がオリックス1位指名を受けた。今年も九州から「ドラ1」が生まれるのか。九州国際大付の山本、柳川の2人、創成館の鴨打、九州文化学園の黒木、明豊の京本、神村学園の秦あたりは知名度は高い。いずれも速球を武器とした将来豊かな投手で、潜在的なポテンシャルが花開けば大きく育つ素材だといえる。

 知名度はないが、ひそかにすごい素材を秘めているのではないかと、ドキドキしている投手がプロ志望届を出した。折尾愛真の稲川。182センチ、90キロの恵まれた体格から、ダイナミックなフォームで繰り出す直球は、手元で伸びるという感覚がピタリと当てはまる。昨年の夏に左足首を骨折した影響で、満足な調整ができずに最後の夏は消化不良のように、優勝した西日本短大附に打ち込まれて敗れてしまったが、2回戦で15三振を奪う結果も出し、多くのプロのスカウトがネット裏で目を光らせた。

 実は1年の夏に彼を見つけていた。お目当ての試合ではなかったが、カメラを向けているとフォームがキレイな体格のいい選手が投げていた。まだ1年生ながら、すごい球を投げると思っていた。あれから2年。満足な練習が出来てない点も、伸びしろを感じさせる。彼こそが、プロで3年後くらいに突然出てくるような投手なんだろうとも思う。

(記事=編集部)