プロ野球では今シーズンも終盤戦に入ってきた。セ、パともに優勝争いチームも絞られている。セ・リーグでは阪神、ヤクルト、巨人。パ・リーグではロッテ、オリックス、楽天といったところだろう。パ・リーグでは絶対的な王者と言われるソフトバンクが苦しんでいる。現実的には3位に食い込めるかどうか。

 今季は東京五輪もあった関係で、シーズンが10月20日過ぎまで行われ、まだ1か月以上、白熱した戦いが楽しめる。

 このセパ合わせて上位6チームの主力たちの出身校を調べてみた。9月に入って、先発している投手、抑え、スタメン起用されている選手らをピックアップ。出身地とともにみていくと、投手ではやや関東勢が多くで、野手では圧倒的に関西勢が多いことが分かった。

 近年、大阪桐蔭の強さが目立つため、打者としては大阪勢が目立つのだろうが、兵庫県出身の選手も負けていないことが分かる。

【野手の近畿勢】
★大阪出身
 巨人=廣岡 大志智辯学園)小林誠司(広陵)松原聖弥(仙台育英
 ヤクルト=元山 飛優佐久長聖
 ロッテ=安田 尚憲履正社山口 航輝明桜
 楽天=浅村 栄斗大阪桐蔭
 オリックス=太田 椋天理)T-岡田(履正社)福田周平(広陵
★兵庫出身
 巨人=岸田 行倫報徳学園)中島宏之(伊丹北坂本 勇人光星学院
 阪神=坂本 誠志郎履正社)佐藤輝明(仁川学院
 ヤクルト=山田 哲人履正社)坂口智隆(神戸国際大附
 ロッテ=中村 奨吾天理
 楽天=辰巳涼介()小深田大翔(神戸国際大附
 オリックス=来田 涼斗明石商
★奈良出身
 ヤクルト=西浦 直亨天理
 ロッテ=小窪哲也(PL学園)荻野貴司(郡山
 巨人=岡本 和真智辯学園)亀井善行(上宮太子
 阪神=小野寺暖(京都翔英

 投手陣では、関東地域からは、東京以外の周囲の県から、まんべんなく選手が出ている。

【投手の関東勢】
★神奈川
 楽天=松井 裕樹桐光学園
 巨人=菅野 智之東海大相模
 阪神=青柳 晃洋川崎工科
★千葉
 楽天=涌井 秀章横浜早川 隆久木更津総合
 阪神=伊藤 将司横浜
★茨城
 ロッテ=鈴木 昭汰常総学院)美馬学(藤代
 巨人=高橋 優貴東海大菅生
★埼玉
 オリックス=山崎 福也日大三
 ロッテ=小島 和哉浦和学院
★栃木
 オリックス=田嶋 大樹佐野日大

 今年のトレンドとして、プロ野球を面白くしているのは「関東出身の投手」と「関西出身の打者」。もちろん、野球はチーム対チームの対決が基本だが、投手と打者の「局地的」な対決の味方として、「出身校」「出身地」で、その対戦の行方を占うのも面白いかもしれない。

(記事=浦田 由紀夫)